ネットカジノの違法性について調べてみました

結論からいうと、合法です

理由は、ネットカジノを実際に運営しているサーバーが海外にあるから、
ラスベガスのカジノで遊んでも違法ではないように、
同じ法システムが適用されるためです

パチンコの3点交換システムと同様のシステムにもなっている

パチンコだって日本で堂々と営業しているじゃないですか
あれは景品と交換して、
その景品を買い取る店を用意するみたいな3点交換システムによって法の抜け穴を突いて営業できているんですね

それと同じように、
オンラインカジノもチップを購入してそのチップで遊ぶ形なので、
そういった面でも違法ではないとも言えます

日本はそもそもギャンブル大国

日本は昔から富くじの頃から、
宝くじ、競馬、競輪、競艇と、今も昔もギャンブル大国であったと言っても過言ではありません

違法なのはインカジと呼ばれているサービスです

インカジと呼ばれているものはネットカジノとはちょっと違った存在で、
あれは日本国内にサーバーを置いて運営してしまっているため、
完全にアウトなので、
遊んだ側も摘発対象となります
気をつけましょう

ネットカジノを遊んで逮捕者が出たってニュースがあったけど?

スマートライブカジノというネットカジノを遊んだ人で逮捕者が出た例がありますが、
あれは裁判で争う選択をした人は見事勝訴を勝ち取ったとの事です
つまりは、法で取り締まれないんですね

↓このニュースです↓
ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警

 海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

 逮捕容疑は2月18~26日、会員制カジノサイトに接続、カードゲームで現金計約22万円を賭けたとしている。3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話している。

 利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。

 府警によると、関根容疑者は「1千万円ぐらい使った」と供述。ブラックジャックの利用客だけで月に少なくとも約1400万円の賭け金が動いていたとみられ、府警は運営実態や資金の流れを調べる。

 海外のカジノサイトを利用した賭博をめぐっては、千葉県警が2月、客に賭博をさせたとして、サイトの決済代行会社役員の男ら2人を常習賭博容疑で初摘発している。

出典: 産経ニュース

ですので、
安心して遊んで下さいね